聖心・請関、亡き父に捧ぐ一発 監督の「親心」にも感謝 – 高校野球 … – 朝日新聞

Home » 2033延岡市 » 聖心・請関、亡き父に捧ぐ一発 監督の「親心」にも感謝 – 高校野球 … – 朝日新聞
2033延岡市 コメントはまだありません



 (16日、高校野球 聖光学院5―4聖心ウルスラ)

 応援席に、お父さんがいるような気がした――。聖心ウルスラ(宮崎)の主軸、請関(うけぜき)史也君(3年)は16日、聖光学院(福島)に敗れたものの、亡くなった父の姿を感じながら甲子園で戦った。

 2点を追う九回。先頭で打席に入った請関君は、いつものように応援席を見上げた。それまでの3打席は凡退。「何とかしたい」。初球を振り抜くと、打球は一直線で右翼席に飛び込んだ。ガッツポーズをしてダイヤモンドを一周した。

 3年前、宮崎県延岡市で父の義史さんが、くも膜下出血で倒れた。

 中学3年だった請関君は、硬式野球クラブの主将として全国大会へ出場。結果を残した満足感もあり、野球をやめようかとも考えていた。「このまま野球を続けるべきじゃない」。父の姿や今後の家庭の状況も考えると、高校進学すら必要ないと思った。

 だが数日後、病室で眠っていた義史さんがふと目を覚まし、一言だけ告げた。

 「野球は続けてほしい」

 野球が大好きで、家でも野球の話ばかりだった父。「わかった。お父さんも病気に勝って」。反射的に言葉を返すと、満足したような表情が浮かんだ。

 1カ月後、義史さんは46歳で息を引き取った。「(野球をやめようとしていると)親の勘で察したんだな」と今になって思う。

 聖心ウルスラへ進学した請関君は、1年生からレギュラー。だが、小田原斉監督に「天国のお父さんになんて言うんだ」「俺がお前の親だったら同じように怒るぞ」などと何度も生活態度を注意された。

 当初は反発したが、最後の夏は副将としてチームを引っ張った。派手な長打ばかり狙っていた打撃は、チームのため着実につなぐ姿勢に変わった。「小田原先生じゃなかったら、ここまでやれていたか分からない」

 甲子園に出発する前日、義史さんのお墓を掃除し、「行ってきます」と告げてきた。憧れの甲子園で2試合を戦った。宮崎に戻ったら、甲子園の土とボールを持って報告するつもりだ。「楽しく野球ができて、うれしかった」(大山稜)



Related Post

堀野・泉(土々呂中)女子2部ダブルスV 宮日杯卓球選手権 – 宮崎日日新聞...  第35回宮日杯争奪卓球選手権(宮崎日日新聞社主催、延岡市卓球協会主管)は9日、延岡市民体育館で開幕した。第1日は男女の2部(中学2年以下)と3部(小学生)の計6種目を行い、女子2部ダブルスは堀野琴未・泉花奈子(土々呂中)が初優勝し、男子3部シングルスは郡司景斗(スマイルTC)が初の頂点に立った。...
違法伐採疑い山林調査 延岡・北方 – 宮崎日日新聞...  無断で木を切り出す違法な伐採の問題に取り組む「県盗伐被害者の会」(海老原裕美代表)は3日、違法伐採が疑われる延岡市北方町の山林で現地調査し、報道陣に公開した。これまで、被害を訴える声は宮崎市を中心に多かったが、同会は「全容解明に向け、県内全体の問題と考えてほしい」としている。 (全文は4日付朝刊...
延岡城、アプリで再現 最新技術使い観光活用 – 47NEWS...  延岡市・城山公園にあった延岡城をスマホやタブレットで体感できる「延岡城アプリ」をケーブルメディアワイワイ(竹本常夫社長)が制作、運用を開始した。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、AI(人工知能)な … ...
インスタ映え、魅力発信 「今日の1枚」厳選 公式アカウント開設 /宮崎 – 毎日新聞...  世界に誇れる自然や食の発信を目指す延岡市は、人気の写真動画共有サービス「インスタグラム」の公式アカウント「nobeoka_city」(【公式】延岡市)を開設した。  インスタグラムは、「インスタ映え」する場所が一躍観光スポットになるなど若い世代を中心に...



コメントを残す