日向「地域おこし企業人」梶原さんが就任4カ月 観光振興に尽力 – 山形経済新聞

Home » 2068日向市 » 日向「地域おこし企業人」梶原さんが就任4カ月 観光振興に尽力 – 山形経済新聞
2068日向市 コメントはまだありません



 日向市が観光振興に取り組む人材として受け入れた、旅行会社社員の梶原景博さんが派遣4カ月を迎えた。

 民間企業の人材を地域活性化に生かそうと始められた総務省の「地域おこし企業人交流プログラム」。同市にとってはこれが初めての活用で、旅行会社「近畿日本ツーリスト九州」に観光のスペシャリストを派遣要請し、4月梶原さんが同市観光交流課に着任した。現在、観光交流対策監として勤務する。

 梶原さんは「着任することが決まって初めて、日向岬や大御神社といった名所を知り、手の付けられていない自然の美しさや歴史の重みを感じさせる自然の産物があることに驚いた。他にも観光資源が多く、世界ジュニアサーフィン大会開催や『恋する灯台』の認定など、日向市に追い風が吹いていると感じる」と話す。

 「今後は周辺の市町村との連携や名物グルメの開発などを模索し、市の知名度を上げていけば、観光需要は伸びる余地がある」と梶原さんは太鼓判を押す。「ジュニアサーフィン大会の開催をきっかけにシニアサーファーのツアーや『サーフィン修学旅行』で観光客増も図れるのでは。地元の人はビジネスチャンスをつかむためにもっとガツガツしていいと思う」とも。

 任期は来年3月までだが、更新によって最長3年間勤めることができる。



Related Post

ヤマハ発動機、産業用無人ヘリコプターによる工事用資機材の運搬事業 … – レスポンス... ヤマハ発動機と子会社の西日本スカイテックは8月6日、産業用無人ヘリコプターを活用した工事用資機材運搬について、2019年度からの本格的な事業化を目指すと発表した。 両社は、九州電力の送電線建設工事現場(50万ボルト日向幹線新設工事、2022年6月運用開始予定)にて、2017年度から自動航行無人ヘリコ...
新競技、探る開催の形=世界ジュニアで予行演習-サーフィン – 時事通信... 国際サーフィン協会が主催した世界ジュニア選手権の様子。会場は違うが、東京五輪の予行演習となった=9月30日、宮崎県日向市  2020年東京五輪で新競技として採用が決まったサーフィン。千葉県一宮町の釣ケ崎海岸を会場予定地とする本番はどのような形になるのか。1日まで宮崎県日向市のお倉ケ浜...
日向灘でM3.5の地震 日向市などで震度2 – エキサイトニュース... 【2017年09月08日 21時00分 気象庁発表】 気象庁によると8日 午後8時56分ごろ、日向灘でM3.5の地震が発生し、宮崎県日向市などで震度2の揺れを観測した。 この地震の震源地は日向灘で、震源の深さは約30キロ。この地震による津波の心配はない。 各地の主な震度は以下のとおり。【震度2】 宮...
マドンナジャパンに女子プロ野球界から6名選出 – ベースボールキング... 川端友紀らプロ6選手が合宿参加へ 6連覇がかかるW杯が8月に開催  侍ジャパン女子代表は16日、「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」に向けた強化合宿(2月23日~25日・宮崎県日向市)に、日本女子プロ野球機構所属選手を6名招集することを発表した。 【合格者】 里 綾実(投手/愛知...



コメントを残す