働く喜び遊びで体験 児童館まつり盛況 – 宮崎日日新聞

Home » 2084西都市 » 働く喜び遊びで体験 児童館まつり盛況 – 宮崎日日新聞
2084西都市 コメントはまだありません



 遊びを通じて働くことの大切さや喜びを学ぶ「西都市児童館まつり」は12日、同市下妻の同館であった。館内を仮想の国に見立て、飲食店やネイルサロン、ゲームコーナーなどの仕事ブースを設置。児童らは働いて得た模擬通貨「ドングリ」で、買い物や食事、ゲームなどを楽しんだ。

(全文は18日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】ネイルサロンブースでの接客などを通じ、子どもたちが働くことの大切さを学んだ児童館まつり



Related Post

県内、3年連続で上昇 前年比1.5%増 都市部の再開発影響 福山は下落ストップ /広島 – 毎日新聞... 広島県内最高路線価格となった広島市中区胡町・相生通り南側(福屋八丁堀本店前)=東久保逸夫撮影  広島国税局は2日、相続税などの算定基準となる路線価(1月1日時点)を発表した。県内の標準宅地約750...
宍粟の別荘地で4軒全半壊 西日本豪雨被害 – 神戸新聞...  兵庫県西播地域に被害をもたらした西日本豪雨は、宍粟市波賀町小野の山間部でも別荘地を土石流が襲い、3軒を全壊、1軒を半壊させていた。大半の建物は無人でけが人などはなかったが、この別荘地で5年前から住民として暮らす男性(63)が神戸新聞社の取材に応じ、被害発生時の様子を鮮明に語った。  別荘地は19...
遊歩道に浮き桟橋 カリ・ブサール水上公園が完成 コタトゥア再開発事業 (2018年01月27日) –...  オランダ統治時代の建造物が並ぶ西ジャカルタのコタトゥア地区に、カリ・ブサール水上公園が完成した。露天商で埋まっていた川岸の通りは石畳造りの遊歩道になり、メタンガスが浮いていた川も浄化された。300年以上の歴史を持つ同地区のユネスコ世界遺産認定を目指し、着々と整備が進めら...
日本西都市旅遊團首次造訪羅東鎮公所大陣仗迎賓 – NOWnews... 一群來自日本宮崎縣西都市的遊客,今(19)日由該市觀光協會事務局長新里淳一、西都市役所商工觀光課主任主事黑木亮太及西都市觀光協會台灣交流特別顧問黑木萌萌華率領抵羅東鎮旅遊,羅東鎮公所特地安排歡迎儀式及表演節目,以大陣仗迎接這群貴賓,這也是該市第一次有民間團體造訪羅東鎮。鎮長林姿妙表示,希望加速推動...



コメントを残す