和牛繁殖センター建設 母牛供給体制を強化 – 宮崎日日新聞

Home » 2092えびの市 » 和牛繁殖センター建設 母牛供給体制を強化 – 宮崎日日新聞
2092えびの市 コメントはまだありません



 JAえびの市(篠原一利組合長)は、同市末永に「JAえびの市和牛繁殖センター」を建設する。9日に同所で着工し、地鎮祭を開催。同JAや市職員ら約50人が出席し、来年1月の完成、2月の稼働に向けて安全を祈願した。

(全文は19日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】JAえびの市和牛繁殖センターの地鎮祭で神事に臨む篠原組合長



Related Post

農業こそマイウエー 加工・業務用キャベツ栽培 目標は独り立ち 諫早市高来町 林田真奈美さん トラクタ... 無事に収穫を迎えたキャベツに満足する林田さん  農業を始めて2018年で丸5年を迎える長崎県諫早市高来町の林田真奈美さん(34)は、加工・業務用キャベツを中心に、重量野菜を栽培する農業女子だ。5年の節目を迎え「農業が楽しくなってきたから、もっと面積を増やしたい。キャベツは1ヘクタールにし、...
宮崎)えびの市長「風評被害抑えたい」 – 朝日新聞社...  霧島連山のえびの高原・硫黄山(1317メートル)の250年ぶりの噴火から一夜明けた20日、えびの市の村岡隆明市長が市役所で記者会見した。村岡市長は「人的、物的被害がなかったことにほっとしている」と述べたうえで、大型連休を前に観光への影響の懸念を示した。  硫黄山の噴火で、気象庁は噴火警戒レベル...
「ほうびは、めし入りのおわん」 – 宮崎日日新聞...  コメ、めしが金銭や宝物と同じか、それ以上に価値のあるものだと考えていた古人らしいエピソードが徳川家康にある。ある城を攻めあぐねていたときのことだったという。  早朝の戦いで敵将を見事、鉄砲で討ち取って、首級を献じたのがまだ十八歳の若者袴田千助だった。家康はあたかも朝食中だったが感嘆のあまり当座のほ...



コメントを残す