「行ってみたい!やってみたい!」みんなが選ぶ「九州のしあわせ体験」「Kyushu Local Happy Award 2017」ホームページで一般投票開始 – 西日本新聞

Home » 2050小林市 » 「行ってみたい!やってみたい!」みんなが選ぶ「九州のしあわせ体験」「Kyushu Local Happy Award 2017」ホームページで一般投票開始 – 西日本新聞
2050小林市 コメントはまだありません



リリース発行企業:株式会社西日本新聞社

エントリーされた20の体験は、旅先での心温まる交流や、わが町自慢の景勝地の中でも特におすすめのビューポイントなど、どれも足を運んでみたくなるものばかり。「全国に広めたい」、「シェアしたい」、「家族と体験したい」、「しあわせを感じられそう」、という視点で共感できる「しあわせ体験」エピソードに投票をして、応援してください。

投票結果は2017年秋に発表を予定しています。入賞者には、以下の特典が贈られます。

賞と特典

団体賞グランプリ1枠
オリジナルしあわせ体験動画作成

個人賞グランプリ1名
ANAペア往復直行航空券「九州域内発⇔東京(羽田)」と旅行券5万円相当分

ブラックモンブラン賞1名(枠)
旅行券5万円相当分とブラックモンブラン引換券1年分(365枚)
「しあわせ体験」最終選考エントリー 【個人】一覧

1.佐賀県唐津市のホタルの名所
2.鹿児島県薩摩川内市の伝統行事「かえんそや」
3.宮崎県小林市の農家民泊「夢追い人のくらやみ道場」
4.長崎県西海市の“日本一小さな公園”
5.長崎県佐世保市・黒島のばあちゃんに教わる黒島豆腐作り
6.筑後川昇開橋(福岡県~佐賀県)に沈む夕日
7.福岡県春日市の“ハートの木”
8.オニヤンマに会える熊本県菊池市の「菊池渓谷水の駅」
9.宮崎県串間市の集落で続く盆踊り
10.熊本県玉名市・鍋松原海水浴場の夕焼け
「しあわせ体験」最終選考エントリー 【団体】一覧

1.大分県杵築市の“きものが似合う歴史的町並み”
2.鹿児島県さつま町・川内川の掉さしホタル舟
3.佐賀県玄海町「浜野浦の棚田」の手作りイルミネーション
4.福岡県糸田町の「糸田祇園山笠」
5.長崎市の離島・高島で“シュノーケリングピクニック”
6.長崎県佐世保市・九十九島のサンセット
7.鹿児島県・沖永良部島で洞窟探検
8.大分県玖珠町・伐株山の山頂から見る日の出
9.ユリの香りが包む鹿児島県薩摩川内市の離島「甑島」
10.長崎県東彼杵町・JR千綿駅から望む夕景のパノラマ

■ 主催 : Kyushu Local Happy Award 実行委員会(⻄日本新聞社・九州しあわせ共創ラボ)
■ 特別協賛 : 竹下製菓株式会社
■ 協賛 : 全日本空輸株式会社・株式会社ナフコ
■ 協力 : 九州運輸局・九州観光推進機構
■ 後援 : 大分県・⿅児島県・熊本県・佐賀県・長崎県・福岡県・宮崎県※50音順
■ 専用サイト : https://kyushuhappy.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ



Related Post

<福島市長選>告示まで1週間 現職と3新人「市民党」で対決 – 河北新報... <福島市長選>告示まで1週間 現職と3新人「市民党」で対決 桜の聖母短大の特別授業。福島市長選に立候補予定の4人のうち、招待に応じた3人が学生と意見交換した=10月24日、福島市  任期満了に伴う福島市長選(19日投開票)は、12日の告示まで1週間となった。これまでに現職と新人3人の計4...
「水道事業支える」 賀詞交歓会で抱負 日立市指定管工事協組 – 茨城新聞... 2018年1月18日(木) 「水道事業支える」 賀詞交歓会で抱負 日立市指定管工事協組 【AD】 日立市指定管工事協同組合(小林暁理事長)の賀詞交歓会が12日、同市旭町のホテル天地閣で開かれ、組合員や関係者ら55人が参加し、新年の門出を祝った。 小林理事長はあいさつで「水道事業を支え、市民生...
山梨市副市長ら5人を書類送検 採用試験めぐる汚職事件 – NHK... 山梨県山梨市の職員の採用試験をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪で起訴された山梨市の前の市長の指示を受けて特定の受験者の試験結果を改ざんしたとして、警視庁は市の副市長ら5人を書類送検しました。 書類送検されたのは、山梨県山梨市の飯島尚敏副市長(62)や小林孝前副市長(63)、それに、丸山一朗秘書人事...
「日本のゴッホ」 画家長谷川利行 企画展3月24日開幕 県立美術館 – 福島民報... 個性あふれる油彩画が並ぶ会場  京都に生まれ東京で活躍した画家・長谷川利行=1891(明治24)~1940(昭和15)年=の企画展「藝術に生き、雑踏に死す」は3月24日、福島市の県立美術館で開幕する。23日、マスコミ向け内覧会が開かれた。 原色のままの色使い、独特な筆の趣、短く激しい生涯は「日本のゴ...



コメントを残す