日向市、津波避難山を整備 切島山2区 来年3月完成へ : 地域 : 読売新聞 … – 読売新聞

Home » 2068日向市 » 日向市、津波避難山を整備 切島山2区 来年3月完成へ : 地域 : 読売新聞 … – 読売新聞
2068日向市 コメントはまだありません



 日向市は18日、南海トラフ巨大地震対策として、人工の高台「避難山」を同市財光寺の切島山2区に整備すると発表した。避難山の整備は同市では初めて。来年3月の完成を目指す。

 市防災推進課によると、南海トラフ巨大地震が発生した場合、同区には最大6・5メートルの津波が押し寄せると想定されている。

 避難山は海抜5・1メートルの土地に、10・1メートルの盛り土をして整備する。海抜15・2メートルとなる頂には1460平方メートルの広場を設け、スロープと階段で2920人が避難できるようにする。簡易トイレやブランケットも備える。工事費は約1億4000万円で、国が3分の2を補助する。

 市内には2019年度までに、県施工を含め16か所の津波避難施設が整備される計画で、これまでに9施設が完成している。



Related Post

日向のすし店、おせちが「ふるさと納税」返礼品に 「すしの日」11月1日から – 佐賀経済新聞...  日向市の「ふるさと納税」返礼品に11月1日、すし店「すし源」(富高、TEL 0982-52-3275)のおせちが加わる。 店主の浅野順子さん(左から2人目)とスタッフ  来年創業60周年を迎える同店。地元、日向灘で獲れた新鮮な魚介類を使い、すし、会席、仕出し料理を提供する。席数は130。  店主の...
日向の期間限定「桃まるごとケーキ」が人気 間もなく終了 – 佐賀経済新聞...  日向の洋菓子「ケーキファクトリー フクヤ」(日向市本町、TEL 0982-52-6739)の期間限定ケーキ「やのピーチ姫」が間もなく今年の販売を終了する。 モモ好きにはたまらない「やのピーチ姫」  白桃を丸ごと1個使った同商品。丁寧に皮をむき、種を抜いた部分にカスタードクリームと生クリームを混ぜた...
上矢部町在住諸星さん 法衣をキルトでリメイク 寺院との縁、亡き夫が導く – タウンニュース...  上矢部町在住の諸星流美子さん(59)がこのほど、宝城坊・日向薬師(伊勢原市)の元住職の法衣を利用したキルト作品を完成させた。同寺との縁は、亡くなった夫・勉さんの存在がきっかけ。ひと針ずつ縫い上げたこの作品は近く奉納される。  高さ2m、横幅60cmの作品は、2枚重ねた布に綿を挟む「キルティング」と...
日向の就労支援カフェが「クリスマスチキン」 サンタのポップコーンも – 枚方経済新聞...  日向の就労継続支援B型事業所「福丸縁」(日向市日知屋、TEL 0982-57-3637)が、クリスマスチキンの予約受け付けを始めた。 「ジェリーズポップコーン」のクリスマスバージョンも  今年から初めて販売するクリスマスチキンは、「チキン6ピースとフライドポテトのセット」(1,200円)、「チキン...



コメントを残す