日向で「牧水・短歌甲子園」 全国51校が参加、横浜翠嵐が初優勝 – 日向 … – バリ経済新聞

Home » 2068日向市 » 日向で「牧水・短歌甲子園」 全国51校が参加、横浜翠嵐が初優勝 – 日向 … – バリ経済新聞
2068日向市 コメントはまだありません



 日向市中央公民館(日向市中町)で8月19日・20日、「牧水・短歌甲子園」が行われた。主催は、日向市、日向市教育委員会、日向市東郷町若山牧水顕彰会。

延岡高校メンバー(左)と俵万智さんら審査員

 日向市東郷町出身の歌人・若山牧水の功績をたたえて始まった同大会。全国の高校生が自作の短歌を競うもので、今年で7回目の開催となる。

 会場には全国51校から予選を通過した12校が参加した。宮崎県からは同市の県立富島高校、県立日向高校をはじめ6校、そのほかは、福岡県2校、石川県1校、神奈川県1校、東京都1校、岩手県1校が出場した。

 決勝は延岡学園尚学館と宮崎県立延岡高校の「延岡ダービー」を制した延岡と、前回優勝校の宮崎県立宮崎商業高校を倒した神奈川県立横浜翠嵐高校の戦いに。「生きてればそれでいいのと言う母に物寂しげなカーネーションを」(佐藤翔斗さん)などの作品を出した横浜翠嵐が関東勢初の優勝を果たした。

 横浜翠嵐高校2年生の佐藤翔斗さんは「チームワークの良さが翠嵐の魅力だと思う。高3の先輩たちに助けられてチームで戦うことができた」、同3年生の原唯奈さんは「本選当日の朝4時まで作戦を練っていた」と振り返る。インディーズデビューを果たしたバンド「ニトロデイ」でボーカルとギターを担当し、作詞作曲を手掛けているという同3年生の小室哲平さんは「昨年先輩から歌会に誘われて短歌を始め、面白さに気づいた」と話す。

 審査員長の伊藤一彦さんは講評で、「作品のレベルが向上し、接戦が多かった。ユーモアの中に切実さがある歌が多く、高く評価した」と話す。審査員の俵万智さんは「勝敗をつけることの苦しさはあるが、負けたとしてもその歌の良さは色あせない。短歌は人生を豊かにする」と話した。



Related Post

幸脇小跡に企業進出 – 宮崎日日新聞  通信販売のコールセンターなどを運営するテレネット(東京都、目黒一秋社長)は、日向市の幸脇小跡に「日向コンタクトセンター」を設立し、5月に操業する。同社で初めてとなる企業内託児所も併設し、地元の女性を中心に5年間で125人を採用する計画。目黒社長は「女性が働きやすい職場をつくり、地域経済の活性化に...
日向で「美々津のあじ天」復活 仕出し店の5代目が祖母の味再現 – 枚方経済新聞...  日向の「仕出しのよしむね」(日向市永江町、TEL 0982-53-5198)が11月3日、「美々津のあじ天」を復活させ、販売を開始した。 今は亡き祖母の西村常磐さん  「ニシムラ&よしむね」社長の西村侑記さんは1910(明治43)年創業の「西村商店」から数えて5代目。2009年に89歳で亡くなった...
阿蘇の自然フラダンスに ハワイの大家が創作 弟子の岡山さん18年秋に山上で「奉納」 – 西日本新聞...  阿蘇山の雄大な自然をテーマにしたフラダンスの歌を、本場ハワイのフラの大家が創作した。全国のダンサーが10月、阿蘇山上で歌と踊りを奉納する計画だ。中心となるフラダンススタジオ経営の岡山睦子さん(71)=宮崎県日向市=は「共に火山を抱える阿蘇とハワイをフラダンスでつなぎたい」と話している。  歌のタイ...



コメントを残す