日向に「津波避難山」 来年9月供用 – 宮崎日日新聞

Home » 2068日向市 » 日向に「津波避難山」 来年9月供用 – 宮崎日日新聞
2068日向市 コメントはまだありません



 南海トラフ巨大地震の津波に備え、日向市は財光寺の切島山2区で高台「津波避難山」を造成する工事に着手した。近隣住民やお倉ケ浜総合公園の利用者の避難を想定。2920人を収容可能で、来年9月の供用開始を予定している。同市内で避難山が建設されるのは初めて。

(全文は23日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】日向市が着工した避難山の完成イメージ図(市提供)



Related Post

日向で「世界ジュニアサーフィン選手権」開会式 日本の男子選手は全て2 … – 佐賀経済新聞...  日向市駅前広場で9月23日、「2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権」開会式が行われ、9日間の大会が始まった。 予選通過後の小笠原由織選手  同大会にエントリーしたのは41の国と地域の代表306人。開会を記念して、選手やチーム関係者が国ごとに分かれ同市中心部をパレードした。先...
【速報】強盗殺人容疑で足利の女再逮捕 群馬県警 – 上毛新聞ニュース... 【速報】強盗殺人容疑で足利の女再逮捕 群馬県警  群馬県館林市日向町の多々良川で栃木県足利市助戸、化粧品販売業、萩原孝さん=当時(84)=の遺体が見つかった事件で、群馬県警の捜査本部は14日、同市県町、派遣社員、落合和子容疑者(42)=死体遺棄罪で起訴済み=を強盗殺人の疑いで再逮捕した。  ...



コメントを残す