ふるさと納税、バブル崩壊 お得感減り寄付失速 – 日本経済新聞

Home » 2025都城市 » ふるさと納税、バブル崩壊 お得感減り寄付失速 – 日本経済新聞
2025都城市 コメントはまだありません



 ふるさと納税が転機を迎えている。総務省が獲得に走る自治体に待ったをかけ、一時の過熱感は一服。高額返礼品で話題を呼んだ自治体の実入りは減り始めている。今後は見返りよりも、地域のためになるお金の使い方をアピールできるかがカギになる。そんな当たり前の教訓を自治体は生かせるか。

 「この宮崎牛が、実質負担2000円?」。宮崎県都城市は牛肉の画像とともにネット広告でふるさと納税を呼びかける。2011年度の寄…



Related Post

清原氏らのトレーナーから転身 元西武山尾伸一さん – 日刊スポーツ...  西武の外野手だった山尾伸一さん(49)は、いつも思う。「自分は新庄剛志になれたんじゃないか」と。  ただし、条件は付く。  もし、高校時代に今の自分のようなトレーナーに出会っていれば…である。 高校生を指導する山尾氏  山尾さん(以下、敬称略) 体の使い方を教わって、トレーニングしていたら...
JR九州、九州新幹線も本数削減 来春ダイヤ改正 – 日本経済新聞...  JR九州は15日、来年3月17日のダイヤ改正の内容を発表した。1日あたりの運転本数は3011本で、2017年度当初と比べ4%に相当する117本を減らす。削減量は発足以来最大で、対象は各地のローカル線にとどまらず九州新幹線にまで及んだ。実質赤字の鉄道事業の収支改善が目的だがコスト削減効果は示していな...
ブルゾンちえみ? 多彩な41点並ぶ 都城 – 毎日新聞... ブルゾンちえみ風のかかし作品  趣向を凝らしたユニークな作品を集めた「かかしフェスティバル」が先月23日から7日まで、宮崎県都城市山田町の一堂ケ丘公園であり、人気アニメや芸人、世相を反映した多彩な...



コメントを残す