【9月2日東京開催】 みやざき就農相談フェア・講座の参加者募集:時事 … – 時事通信

Home » 2068日向市 » 【9月2日東京開催】 みやざき就農相談フェア・講座の参加者募集:時事 … – 時事通信
2068日向市 コメントはまだありません



[マンパワーグループ株式会社]

 マンパワーグループ、宮崎県の農業活性化を支援

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、宮崎県から「宮崎成長産業人材育成事業」を受託、宮崎県での就農を希望する事業の参加者を募集します。

◇「みやざき就農相談フェア」とは?
「宮崎成長産業人材育成事業」の一環として宮崎県農政水産部農業経営支援課主催で開催される「みやざき就農相談フェア」は、首都圏で宮崎県の食と農に関する情報発信、就農相談会や就農講座等を実施することにより、宮崎県内のみならず首都圏等における幅広い人材の確保を目的としています。就農相談フェアは、2018年1月までの間、毎月1回開催を予定しており、9月2日開催のフェアでは、農業に関わる多角経営のはじめ方や、収支の考え方を学ぶ講座が同時開催されます。

◇当社の取り組み
マンパワーグループは、全国の就労支援事業の経験・実績を基に、参加者の課題に応じたキャリアパスのサポートを実施、宮崎県の農業法人と共に宮崎県の農業の活性化を支援いたします。

【「みやざき就農相談フェア」概要】
■対象:
☑ 宮崎県内で農業をしながら暮らしたい方
☑ 就農するために農業体験や研修を受けたい方
☑ 宮崎県の農業に興味のある方

■日時:2017年9月2日(土)14:00開始 開場13:30

■参加費:無料(入退場自由)事前受付をしていただきますとスムーズにご案内可能です。

■内容:
〈就農講座:農業×カフェ経営に学ぶ、年間の成長戦略〉
日向市の特産品である平兵衛酢(へべす)や、家業のトマト栽培など、農業を軸にカフェの開業や地域イベントの企画など、多角的な展開を行っている⿊木洋人氏を講師に迎え、多角経営の始め方や、収支の考え方について学びます。
〈トークセッション:農業を取り巻く多用なビジネスについて〉
〈座談会・相談会〉
参加される皆さんとともにワークショップを通して交流を図ります。
この時間に相談ブースの利用も可能です。
※自営就農や農業法人への就職などについて各自治体等が、ブースで相談をお受けします。

講師:黒木洋人氏/ミニトマト・へべす農家
モデレーター:齋藤潤一氏/地域ビジネスプロデューサー・慶應義塾大学非常勤講師

■場所:
SENQ京橋(京橋エドグラン3F)東京都中央区京橋2-2-1
アクセス:東京メトロ銀座線「京橋」駅 直結

■お問い合わせ先&お申込み
マンパワーグループ株式会社宮崎サテライトオフィス  (平日9:00~18:00)
電話:0120-557-342
詳細URL: https://www.manpowerjobnet.com/work_support/miyazaki-nougyou2017/

企業プレスリリース詳細へ (2017/08/23-11:28)



Related Post

日向市一般会計295億円 18年度当初予算案 – 宮崎日日新聞...  日向市は16日、2018年度一般会計当初予算案を発表した。総額は295億6千万円で、新庁舎建設事業がほぼ完了した影響で、17年度当初比6・5%減となった。人口減少の対応が課題となる中、雇用創出や子育て支援に重点を置いた。23日開会の定例市議会に提案する。 (全文は17日付朝刊または携帯サイトで)...
イオン日向店で「子ども食堂」 約50人がフードコートで食事楽しむ – バリ経済新聞...  日向市日知屋のイオン日向店で4月15日、「子ども食堂」が開かれた。主催は「子ども食堂ひゅうが 絆」(日向市亀崎西、TEL 0982-54-5846)。  子どもの貧困や「孤食」の問題を解決するために無料の食事を提供する「子ども食堂」の取り組み。日向市内では昨年4月から始まり、大王谷コミュニティセン...
日向市都町に鍼灸接骨院 子育て中の女性院長が開院、保育士スタッフ設置も – 関門経済新聞...  日向市都町に「のどか鍼灸接骨院」(TEL 0982-52-6749)が開院し、1カ月を迎えた。 待合室のキッズスペース  待合室にキッズスペースを備える同院。院長を務める繁村和さんは、鍼灸師、柔道整復師、機能訓練指導員の資格を持つ。  繁村さんは小学2年からバスケットボールに打ち込み、高校では強豪...
上矢部町在住諸星さん 法衣をキルトでリメイク 寺院との縁、亡き夫が導く – タウンニュース...  上矢部町在住の諸星流美子さん(59)がこのほど、宝城坊・日向薬師(伊勢原市)の元住職の法衣を利用したキルト作品を完成させた。同寺との縁は、亡くなった夫・勉さんの存在がきっかけ。ひと針ずつ縫い上げたこの作品は近く奉納される。  高さ2m、横幅60cmの作品は、2枚重ねた布に綿を挟む「キルティング」と...



コメントを残す