休館 営業継続の署名提出 来月以降、営業再開めど立たず /宮崎 – 毎日新聞

Home » 2076串間市 » 休館 営業継続の署名提出 来月以降、営業再開めど立たず /宮崎 – 毎日新聞
2076串間市 コメントはまだありません



[unable to retrieve full-text content]

Related Post

地産木材のみを使うバイオマス発電所、国内初のペレット工場も併設 … – ITmedia...  くしま木質バイオマス(宮崎県串間市)は、串間市で建設を進めている「大生(おおばえ)黒潮発電所」の竣工式を3月24日に開催すると発表した。同発電所の設計・施工を担当した洸陽電機調によると、国内初となるペレット工場を併設した小規模木質バイオマス発電所で、地域産出木材のみを用いた発電を行う...
グアバ完熟 淡い黄色、次々収穫 – 宮崎日日新聞...  串間市大納の果樹園で、南米原産の果物グアバの収穫がピークを迎えている。同所の宮崎果汁(大迫幸二社長)がジュースに加工するため約90本を育てており、完熟して皮が淡い黄色になった実を従業員が手でちぎっている。作業は9月末まで続く。 (全文は14日付朝刊または携帯サイトで) 【写真】完熟し皮が黄色くな...
GI登録、県内2品目 串間産「ヤマダイかんしょ」 – 宮崎日日新聞...  串間市で生産される甘藷(かんしょ)「ヤマダイかんしょ」が6日、地域の農林水産物・食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に新たに加わった。県産品の登録は、昨年12月の宮崎牛に続き2品目。 (全文は7日付朝刊または携帯サイトで) 【写真】品評会を開くなど、高い品質の維持に努めているヤマ...
給費制廃止、元司法修習生ら敗訴広島、全国7地裁で初判決 – 京都新聞...  司法修習生の給費制廃止違憲訴訟の判決で敗訴し、「不当判決」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士=27日午後、広島地裁前  国が司法修習生に対し、給与に当たる月額約20万円を支給する給費制を廃止したのは違憲だとして、廃止後に返済義務のある貸与制の下で修習を受けた中四国の弁護士16人が国に1人当...





コメントを残す